医師のクリニックバイト

医師の脱毛クリニックバイト、業務内容と注意点

更新日:

初めまして、Dr.Shoshoと申します。

某国立大学医学部を卒業後、皮膚科、予防医学を学び、以前より興味のあった、美容皮膚科医になりました。

現在は美容皮膚科医としてクリニックで働いています。

shosho先生、よろしくお願いします!

 

医師の脱毛クリニックバイト、業務内容は

医師の脱毛クリニックバイトにおけるメインの業務内容は「初診の患者さんに対するカウンセリング」になります。

患者さんの状態から「レーザー脱毛の施術が可能かどうか」の判定をします。

どのくらいの内容を医師が説明するか、1人の患者さんにかける時間などは、クリニックの方針によって違いがあります。

初めて勤務するクリニックの際は、その点を担当者から説明してもらえる事が多いです。

疑問等あれば、バイト先のクリニックに予め聞いておくと良いでしょう。

大半の脱毛専門クリニックは

  • 独自のカウンセリングのマニュアル
  • 説明ツール
  • 同意書

などを持っていることが多いので、それに沿ってカウンセリングをします。

可能であれば事前に

  • レーザー脱毛のメカニズム
  • 起こりうる副作用
  • レーザー脱毛の適応
  • 禁忌事項

など、最低限の知識は勉強しておきましょう。

 

レーザー脱毛施術は基本的に行わない

クリニックにもよりますが、レーザー脱毛の施術自体は看護師が行います。

  • レーザーの当て方
  • 照射のパワー
  • 詳しい機械の違い

などの知識はほとんど必要ありません。

加えて脱毛前後の皮膚トラブルに関しての、医師としての意見や治療を求められる事がたまにあります。

具体的には「脱毛前の患者さんの肌状態が悪い場合、照射可能かどうか」の診察に入る事があります。

担当の看護師が決定するクリニックも多いと思いますが、判断に悩む場合は医師に相談です。

施術できない部位ができた場合、患者さんへの説明も医師が行うことがあります。

 

有事の際の医療介入も重要な仕事

脱毛後に何か症状が起きてしまった場合も、医師による診察と、必要であれば薬を処方します。

大きな後遺症を残すような副作用は一般的ではないので、冷却やステロイド軟膏の処方で済むことがほとんどです。

ただ患者さんは心配している事が多いので、丁寧に説明し、安心させてあげることが大切です。

稀ですが、炎症後色素沈着や硬毛化・増毛化の対応も求められるかもしれませんが、あまり専門性の高いことはバイト医師には求められないことが多いです。

バイトとはいえ、患者さんからしたら医師ですからね

 

医師の脱毛クリニックバイト、相場(時給)は

場所や時期にもよりますが、脱毛クリニックバイトの平均時給は7000円〜10000円です。

時給は高くはないことが多いですが、勤務時間が長いので、1回の勤務あたりで貰える金額は少なくないです。

バイト勤務の開始時間は遅いのですが、終了時間も遅いことが多いです。

土日も営業している脱毛クリニックが多いので、平日は常勤で働いている医師にも働きやすいです。

また立地が便利な事が多いことも、メリットです。

脱毛クリニックは確かに立地良さそうですよね

 

医師の脱毛クリニックバイトにおける注意点

医療レーザー脱毛に関する、最低限の知識は必要です。

マニュアルがあったとしても、患者さんから質問を受ける事もあります。よくある質問等も予め学んでおくと、冷や汗をかかずに済みます。

また脱毛クリニック毎に対応が違う項目もあるので、「こうゆう場合は、貴院ではどうやって対応されてますか?」と事前に聞いておくのと、スムーズですし、クリニックとの信頼関係を築くのにも有効です。

 

トラブル対処マニュアル、使える薬は確認しておこう

脱毛後にトラブルが起きた時の、最低限の処置方法の知識も必要です。

脱毛クリニックだと、採用薬品がかなり限られてきます。

クリニックによりもちろん違いはありますが、外用ステロイド2ー3種類、外用抗菌薬1種類、保湿剤(医療品でないこともあり)のみという場合もあります。

基本的にはそのクリニックが扱っている薬のみで対応するので、まず何が使えるのかを確認しておくといいでしょう。

  • 外用ステロイドのランク
  • どの部位にどのランクを使っていいか

という事は大切なので、忘れてしまっていれば確認しておきましょう。

 

あくまで自由診療、サービス業という意識を忘れずに

自由診療なので、保険診療や健診のバイトの時より、接遇が重視されると思います。

具体的には

  • 時間をかけて丁寧に説明
  • 笑顔や親しみやすい態度

などです。

少しの心がけでも、かなり印象が変わると思います。

またデリケートゾーンはもちろんですが、手や足などでも、男性の医師が診察することに、抵抗のある女性が、通常の診療より多くいる印象があります。

診察が必要な場合はコメディカルの人と連携しましょう。

脱毛クリニックは保険診療とは違い、何の疾患もない人が、より綺麗になるためにくる場所です。

そのため医者の観点からすると、すごく些細なことでも気にされる方は多いです。

特に、施術後にトラブルが起きてしまった場合には、医学的には軽傷でも丁寧な対応が必要な事があります。

患者さんの不安を聞き、共感し、きちんと説明することを大切にしましょう。

デリケートなIC、という事ですね

 

医師の脱毛クリニックバイト、必要物品はコレ

絶対に必要なものは、特にありません。

白衣も貸し出してくれるクリニックが、ほとんどです。

もし不安があれば、皮膚科関連の教科書を持っていくといいと思います。

研修医の時に、皮膚科ローテーションで使った資料などでも、構わないと思います。

これから何度も脱毛クリニックでのバイトや勤務を続けたい方は、1冊でも教科書を購入しておくと便利だと思います。

脱毛クリニックでの勤務では、カウンセリングや診察以外の空き時間が、長時間あります。

空き時間は、診察室を使って自由に過ごす事ができます。

時間を有効に利用するために、論文や教科書など読みたいもの、内職できるもの等を持っていくといいでしょう。

shosho先生、ありがとうございました!

医師バイトを探すなら

医師バイトドットコム

医師バイトドットコムは、医師のバイト紹介専門サイト。他のサイトと違い、転職案件が混ざっている事はありません。

スポットバイトが非常に豊富で、暇な日にスポットや単発でバイトをサクッと入れる事ができます。案件数も多く、47都道府県を網羅している業界最大手です。

自宅近くのスポットバイトを見つけたい先生にはオススメです!

マイナビDOCTOR

マイナビDOCTORの特徴は、何と言っても関東圏での案件数が豊富な事。

東京、神奈川、埼玉、千葉で医師バイトを探すなら、登録しないという選択肢は無いでしょう。

また親会社のマイナビとのパイプと、関東圏への強みが重なり、一般企業への産業医バイトの案件も豊富です。

関東圏で医師のバイト探しをする先生にはオススメです!

民間医局

老舗の民間医局も、医師のバイト探しの強い味方です。

医師のバイトに欠かせない医師賠償責任保険も扱っており、20%オフの団体割引が使えます。

医師賠償責任保険に入っていない先生は、何かある前に必ず入りましょう!

-医師のクリニックバイト

Copyright© 医師バイトの全て , 2019 All Rights Reserved.